未経験でもSEをするならアルバイトから

未経験でもSEをするならアルバイトから

仕事をするときに、必ずその人がその仕事の経験があるかどうかを把握する傾向があります。

これは日本にかぎらず、世界的にその傾向があります。

経験があることでかなりの人が採用されやすくなるのですが、未経験でも働きたい、という場合は、なるだけ経験を積むことを考えて、入りやすいアルバイトから仕事を始めるのがオススメです。


SEの場合も、これに当てはまります。

仕事の内容やプログラム言語などを知っているのと知らないのでは大きく違い、また汎用性も高いIT系の仕事の分、多くの場合はあまり未経験の人は採用しない傾向があります。

一方で、SEの場合はある程度経験を積んでいれば、採用される可能性はかなり高くなります。


SEのアルバイトと言っても、実際にその種類は様々です。

web開発、スマホアプリ開発、システム開発、ゲーム開発、など、SEを求めている会社はとても多いものです。

また、それぞれの業界によって必要とされる言語やその業界ごとの慣習は大きく変わってきますから、体験してみるためにまずはアルバイトとして仕事を始めるというのはとてもいいでしょう。

特に、もし行きたい会社が決まっているというのであれば、まずはその会社に入るだけではなく、同じような業界に入るところから初めて、数年後に転職することでそのキャリアを活かす、というのもひとつの方向性です。


SEとして未経験でも働く場合、一つ注意があります。

それは、働く前に必ず何らかの言語を使えるようになるということです。

SEの場合は、全く何も知らない、というのでは、何一つ使い物になりません。必ず求人にどのような言語を使える人がいいか、ということが書かれていますから、その言語を修得するところから始めましょう。

おすすめサイト情報

よく分かるIT - YouTube

 丁寧な説明が解りやすい! ITについての動画です。

インフラエンジニア求人の探し方

 今需要が多いインフラエンジニアに関する転職情報を紹介しています。

システム開発に関わりたい人向けの求人探し

 システム開発などの専門的な職業の転職は、自身のキャリアパスをしっかり描いて進めていきましょう。